平野久美子講演活動
平野久美子講演活動 活動花絮
日期:2016.9.23 | 單位:臺灣大學文學院日本研究中心
   

   

 
平野久美子講演活動
日期:2016.9.23 | 單位:臺灣大學文學院日本研究中心
テレサ・テン、心の旅路。時代から読み解くそのアイデンティティー
摘 要
 みなさんは、日頃「identity」を意識して生活をしているでしょうか?

 私たち日本人に限って言えば、意識していないと答える人がほとんどでしょう。

 1974年に、台湾出身の鄧麗君が「テレサ・テン」という芸名で日本歌謡界にデビューしました。彼女が日本で活躍した15年ほどの間、私たちは歌声の裏にある台湾と中国の関係を知り、identityのありようを学んだように思います。

 本講座では、アジアの歌姫として人気を博したテレサ・テンの魅力に改めて迫るとともに、彼女の心の旅路ともいうべき足跡を追ってみようと思います。

 2015年の秋、私は鄧麗君の母方の親族を訪ね、西安まで旅をしました。中国ではすでに伝説化している歌姫の素顔に触れ、その懊悩も知りました。その3か月後の2016年1月、台湾では8年ぶりの政権交代が実現しました。時代を動かしたのは、台湾のさらなる民主化を希求し、台湾にアイデンティーを置く市井の人々です。もしも鄧麗君(テレサ・テン)が生きていたら・・・・このような現状をどう評価し、どんな感想をもったのでしょうか?

 テレサ・テンの「identity」=それは自分が自分であることをささえるもの、そのよりどころとなるもの=を考察し、あわせてご出席のみなさんにも自分とは何者であるか?ということを考えていただけたらと思っております。