台湾法における日本的要素

日本学研究叢書14

◇ 著者 / 王泰升

◇ 出版社 / 臺大出版中心

◇ 出版日期 / 2014年06月

◇ 商品語言 / 中文、日文

◇ ISBN / 978-986-350-017-9

◇ 裝訂 / 精裝

◇ 定價 / NT$950

本書は、著者の日本語訳された論文10本をまとめたものである。日本が台湾法史において、どのような役割を果たし影響を与えたかを詳細に論じ、台湾における多元的な法文化に見られる日本的要素について明らかにした。本書を通じて、日本語に通じる読者は、台湾と日本が法律の発展上共有してきた歴史経験に対する理解が深まり、両国の人々の相互理解が進むであろう。

本書係從作者被翻譯為日本語的論文中選取出十篇,以闡釋日本在台灣法律史上曾扮演的角色或產生的影響,展現出具有多元法律文化的台灣當中所蘊含的日本元素。透過本書,可讓熟悉日語的讀者深入理解台灣與日本在法律發展上共同擁有的歷史經驗,並增進兩國人民間的相互了解。